http://noumisotanken.site/

Twitter でフォロー

僕と君の大切な話 2巻/感想・ネタバレ

2017年11月19日

スポンサーリンク




ep.9 思春期ですから

 

東くんと

彼に恋する相沢さんは

舞台を学校に移し

友達関連のイベントも一通り済んで

できればもっとイチャイチャしたいところ

だ・・・!!(相沢さんが)

 

出だしです。思春期ネタは大好きです!

 

女子のスカートの中を見てドキッとしてしまったせいで、女子達の下僕にされている男子達。の話題から。

 

相沢さんセリフ  東くんセリフ ( )は心の中です。

 

「見てくれ・・・たかがスカートの中を見てしまったくらいであのザマだ・・その場にいなくて本っ当によかった・・」

 

「・・・いたら やっぱり東くんも見てるの?

女子のスカートの中。」

 

「ハハハまさか まあ視界には入ってしまうかもしれないけどね だからといってどうってことは。」

 

「なーんだそうなのー」

(よかった東くんは紳士だわ。」

 

「・・・・・」

 

「でもおかしいのね 東くんのお友達

学校にそんな本(エロ本)を持ってくるなんて」

 

「ああ 圭介(友だち)がね 好きなんだ 紙にこだわりがあるらしく」

 

「・・・東くんも読むの?そういうの読むの?」

「圭介くんの持ってくる本。」

 

「・・・いや?僕はホラ 視野には入るけど ホラ。」

 

「・・・そういえば うちの弟も友達からそういう本を借りてきては「部屋に入ってくるな」って小一時間閉じこもってたけど・・・あれは一体なんだったのかしら」

 

「男が「開けるな」と言った扉は開けてはいけない」

 

「おばあちゃんもそう言ったわ・・・」

「男の子って・・・不思議だわ・・・」

 

(・・・なぜ僕は さっきから自分を偽っている)

(見栄を張っているのか?肥大化した自意識か?そんな会話のどこに意味がある・・・!!)

 

(言え!言うんだ!僕は女子のスカートの中に大いに興味があると!ありのまま 等身大な自分で!)

「相沢さん!僕は・・・」

 

「東くんはうちの弟とは違うものね!」

 

「ハハ えっ 何が!?」

 

(無理だ!!言えない!!言える筈もない・・・!!

なぜなら すね毛を見ただけでドン引きした相沢さんだ!!

僕が圭介のコレクションにも すべて目を通している痴れ者野郎だとしれたら・・・)

 

(一体 僕はどうなってしまうんだ!!?)

(社会的に 社会的に死ぬんじゃないか・・・!?)

 

 

抜粋しましたが、すごいセリフの量ですね!

ここまでで4ページ弱というところです。

このお話はこの後もさらに面白い展開です!

この話好きです。ほんと。

いつもズケズケ本音を吐き、女子に敵意を剥き出しにされる東くんが自分を偽っている・・!w

 

そして2巻ラスト、どうやらイケメン環が相沢さんに恋したかんじ?!

1巻は駅のホーム

2巻は学校の中庭(たぶん)

を中心にお話が進みましたが、寒くなってきたみたいなので

3巻は屋内でしょうか。

3巻、11月くらいに発売しそうですね!楽しみです。

スポンサーリンク