http://noumisotanken.site/

Twitter でフォロー

絶対にときめいてはいけない! 1巻/感想・レビュー

スポンサーリンク




「・・・ほんと 俺が弟で感謝しろよ」

こんにちは!

築島治先生のコミックス「絶対にときめいてはいけない!」1巻の感想を書きます!

ネタバレを含みますので、内容を知りたくない方はご注意ください。

ではコミックス裏表紙のあらすじから書きます!

あらすじ

 

親の再婚で「弟」ができると喜んでいた西山さくら。

でも出逢った弟は、「同い年」の男の子だった!

最初はぶっきらぼうな態度の楓(かえで)を苦手に感じたさくらだけど、いつも自分を助けてくれる楓の優しさに気づいちゃって・・・?

義理きょうだいの一つ屋根の下ラブストーリー♡

鉄板ネタピックアップ!

 

「私たちには壁がある。」全7巻以来の作品ということで!コミックス化を楽しみに待ってました(o^^o)

義理のきょうだいモノという情報以外何も知らない状態で買ったのですが、表紙をめくってすぐの、わりと目に入ると思われる築島先生のコメント欄に「少女漫画の鉄板ネタを全部やるつもりで描いてます。」とありました。

このコメントを読んでから読んだので、「鉄板ネタ」を存分に楽しみました(o^^o)

このコメントを読んでいなかったらどう思っていたのか・・・?そんな私にはもう戻れないのでみはや分からない事ですが、あぁ、鉄板ネタこれかな??と思った場面を書いていきたいと思います!

 

ヒロインが振られるところをヒーローに目撃される。

ありますよね!?これ作品出だしです!で、家に帰ったら、なぜかさっき目撃された男子がいる!っていうね!しかも上半身ハダカ!ヒロイン悲鳴!→殴るw

「弟」が同い年。

もう親同士が結婚して、一緒に住む段階まで来てからその事実を知るというwそんでヒロイン、一緒に生活なんてムリ!発言。

ヒロイン、裸見られちゃう♡

同い年の弟となんて生活できない!とタンカを切ったものの、入浴中に「言い過ぎたかな」と反省。すると脱衣所からヒーローが話しかけてくる!扉越しに普通に会話をして、あれ、振られたところを見られたと思ったのは気のせいかも。と思ったのに、やっぱり見られてたことを知ったヒロインは慌てて湯船から上がると、石鹸でツルッと滑り、浴室のドアも開いてしまって素っ裸で倒れこむ!w

ヒロイン張り切る!怪我する!ペロってされる!

たった1日違いなんですけどね。ヒロインがお姉ちゃんということで、「あたしのほうがお姉ちゃんなんだから!!」と色々と張り切るヒロイン。ここでは洗い物です。慌てて取り掛かろうとすると、器具で指を切って出血!ヒーローすかさずヒロインの指をくわえる!ドッキー♡

参加した合コンのメンバーに義弟が!

まだヒロインのお友達も義弟のことを知らないので他人のフリでやり過ごそうとする。→他の男に絡まれてるところを義弟が助けてくれる!

話中にバランスを崩し、ベッドに倒れ込む!(義弟は半裸!)

そしてまるで押し倒したような状態になってしまったところでお母さんが部屋にやって来た!→布団の中に2人で隠れる!ドッキー♡

両親が旅行で家に2人きり♡のときにヒロインがお風呂でのぼせる

しかも長風呂の原因は、ヒーローである義弟のことを考えているからですよー。長過ぎるお風呂を心配して脱衣所越しに話しかけてくるヒーローと一通り会話した後、湯船で気絶(?)してしまい、タオルを巻いた状態でお姫様抱っこ♡でベッドまで運ばれます(//∇//)

ベッドで寝たヒロインを見つめながら「・・・ほんと 俺が弟で感謝しろよ」で1巻終わりですー!

 

 

感想

 

他にも、、他にもあるかもしれない鉄板ネタ・・!見過ごしているかもしれない・・・!

あ、あとフラれた相手から嫌なことを言われた時にヒーローが助けてくれるっていうのもソレかな??

でもやっぱり鉄板は鉄板だけあって鉄板だなーと思いつつもやっぱり好き(//∇//)なんかな。と思った一冊でした!

わりと冒頭にヒーロー・楓の半裸が出てきて、背中に黒い点があったので、ホクロ!?それともインクたらしちゃっただけ??ホクロだったらちょっとセクスィーなんですけど!?(//∇//)と思ってたら、ホクロでしたー♡

ヒーロー・楓の半裸と、ヒロイン・さくらの入浴シーンがふんだんで楽しみました(o^^o)(楓の半裸>さくらの裸)笑

冒頭でさくらを振ったイケメン波多野(はたの)が振っただけで終わらず、ちょこちょこ絡んでくるなーとは思っていましたが、2巻予告では「ワケあって再接近」て書いてありまして!

2巻では三角関係の鉄板ネタが見れるのではないかと勝手に予想しております!

そんな2巻は2018年の夏頃発売だそうです!楽しみです(o^^o)

 

関連記事&スポンサーリンク