http://noumisotanken.site/

Twitter でフォロー

椿町ロンリープラネット 6巻/感想・レビュー

スポンサーリンク




「恋人同士」今までと何か変わっていくのかな

こんにちは!

やまもり三香先生のコミックス「椿町ロンリープラネット」6巻の感想を書きます!

ネタバレを含みますので、内容を知りたくない方はご注意ください。

ではコミックス内に記載のあらすじから書きます!

あらすじ

 

大野ふみ、高校2年生。幼い頃に母親を亡くし、父親と2人暮らし。でも、父の借金が原因で家を追い出されます。借金返済のため、無愛想な小説家・木曳野暁(きびきの あかつき)に住み込み家政婦として雇われふみは、暁に恋をしました。

夏休みに暁の取材旅行へ同行したふみですが、暁に思いがバレそうになり、暁ではない別の人が好きということにしてしましました。それ以来、どこか苛立ち不機嫌な様子の暁。

ぎこちない2人を見た暁の担当編集・金石は2人を祭りに誘い出し、花火直前、ふみと暁を2人きりにします。人混みにおされて互いの手が触れたのをきっかけに、暁に手を握られたふみは思いが溢れ、告白をします。

でも、暁の戸惑う顔を見て怖くなり、逃げ出してしまいました・・・。思いが落ち着くまでふみは友人の洋ちゃん宅に身を置くことに。

ところが、突然、暁が迎えに来て「オレと付き合うか?」と言われて・・・!?

感想!

 

あぁ。。あらすじを書き写しているだけでも5巻のドキドキが蘇ってきた・・・!

続きー!どうなったんでしょうか!!

ふみちゃん、天然ジゴロな暁先生に振り回されるの巻!

 

暁に「付き合うか」と言われても信じられないふみ。

「だいたい先生は私のどこを好きだって言うんですか」

というふみの問いにスラスラ答える暁。ここ、もう完全に恋してる人の発言と思うんですが(^-^;アバタもエクボ的なね!他の人から見たら何でもない、もしかしたら短所に思われてしまうような所が好きって思えるっていうね!

「人を好きになることが どういうことかいまいちよくわからないが」って暁先生仰ってますが、ハタから見たらあの発言は・・・もう・・・!(//∇//)

って思っちゃいますけどね。ふみちゃんも暁先生はまだ自分のことをちゃんと好きじゃないって分かっているし、ふみちゃん、天然ジゴロな暁先生に振り回されるの巻!ってさっき書きましたけど、6巻を通して、暁先生も自分の気持ちを丁寧になぞっていってるなと感じました!自覚するのも時間の問題!?(であってほしいっ!w)

 

 

ふみちゃん、暁先生に耳元で囁かれたり、手を掴まれたり手を繋いだり!!真っ赤になってカワイイ♡

ふみちゃんを赤面させる暁先生の行動のほとんどが無意識なのに、手を繋ぐところだけはちゃんと聞くとか!もう!こっちも勝手に振り回されてますよwwなんなの暁先生!(//∇//)

ふみちゃんと暁先生がデートしたり、シシドカフカ桂さんと和解したり、ラストでは文化祭のお話が出てきました!ボディタッチ多め?の耽美な男の子、鞍月永人(くらつき えいと)って人も登場しましたよ!

7巻はどんな展開でしょうか!

文化祭かぁ。。。外せない行事とは思いますが、新しい登場人物も出てきたし、2人のラブ♡はあんまり期待できないのかなぁ。。。(ここ、高校生同士で付き合ってるならむしろラブ多め期待できますけどね!)

そしてそして!冬服の季節ですねー!ずっとTシャツとかの薄着だった暁先生のニットやらパーカーやら・・・眼福です(//∇//)

ではこれから7巻買いに行ってきます!(`・∀・´)

関連記事&スポンサーリンク