http://noumisotanken.site/

Twitter でフォロー

椿町ロンリープラネット 1巻/感想・レビュー

スポンサーリンク




「小さく つもっては ひろがっていく この感情はなんなのかな?」

こんにちは!

やまもり三香先生のコミックス「椿町ロンリープラネット」1巻の感想を書きます!

ネタバレを含みますので内容を知りたくない方はご注意ください。

ではコミックス裏表紙のあらすじから書きます!

あらすじ

 

大野ふみ、高校2年生。

父親の借金返済のため住み込み家政婦をすることに。

家主は・・・目つきも態度も悪い小説家・木曳野暁(きびきの あかつき)。

新しい町での同居生活一体どうなるのーーー!?

雑談!

 

こちら、もうすぐ10巻発売!だそうで、1巻の感想なんて今更感ハンパないなー。と思いつつ。だーっと感想かいて行きたいと思います!

ずっと気になってた作品だったんですけどね。

やまもり先生の作品は過去に「シュガーズ」を全部買って読んで、お話も絵も好きな感じだなって思ったんですが、子どもが赤ちゃんの時でイマイチ落ち着いて読めてなかったんでしょうね

オムニバス形式なのもあってか登場人物が誰が誰だか分からなくなってしまった思い出があり、その後の作品は読んでなかったんです。。。

が!またまたツイッターのお友達に影響されてですね!笑

買ってみることにしました!

大人買いしたいところですが、おサイフが大変寂しい状況ですので、ちびちびと感想を書きながらゆっくり集めて行きたいと思ってます(o^^o)

が!!もー続きが気になって仕方ない(T-T)買いたい買いたい買いたいー(>_<)

という気持ちを抑えつけ、感想書きますー!

 

 

感想!

 

もー主人公のふみちゃんが健気でかわいい!

黒髪ですらっとしてて、膝丈のセーラー服がとても似合って!(何気に巨乳っぽくて!w)

小さい頃に母親を亡くしてしまったということで家事も完璧!あぁ、、是非うちの息子の彼女になって・・・!(←まだ小2w

「小説家」と聞いて年輩の人のお世話をするつもりだったふみと、「大野ふみ」という名前を聞いてベテラン家政婦が来ると思っていた暁先生。

暁先生は「女子高生と知ってたら引き受けなかった」みたいなこと言ってたので、名前ふみで良かった・・・!ほんと良かった・・・!

あーもうこの「ひとつ屋根の下」系はいくつになってもドキドキするぅ(//∇//)大好物♡

暁先生は無愛想だし眼光鋭くて何考えてるのか分からない感じですが

ふみが下着ドロボーに襲われそうになったのを助けてくれたり

ふみが同級生の男の子と一緒にいるところを目撃してちょっといらついてる感じだったり

風邪で寝込んでしまい、看病してくれるふみにちょっと心許した感じだったり・・・♡

基本仏頂面な暁先生がたまに見せる表情にドキドキしちゃいます(//∇//)

それにしても、暁先生もふみもやけに色っぽいなーと思って見てます笑。やまもり先生の描き方なんだろうと思いますが、まだキスも、ハグ的なものも、直接的なそういう表現は全然ないのに、ちょいちょいドキっとしますw

ふみちゃんのうなじとか横顔とか、暁先生のTシャツから出る二の腕とかヨレた襟から覗く鎖骨とかww

その他いろいろー!(//∇//)

なんだコレ私キモチワルイな!!ww

ラスト「小さく つもっては ひろがっていく この感情はなんなのかな?」ってモノローグのふみちゃんの表情もおばちゃんバッキューンされましたー(//∇//)

ふみちゃんの初恋が始まりますねー♡にぶちんの暁先生も気付いてないだけで、実は始まってるんじゃないのー??(←ウザい)という感じの1巻でした(o^^o)

変な感想失礼しましたm(_ _)mそのうち2巻の感想も同じような変な感じで書いていきたいと思いますので、またよろしくお願いします!

関連記事&スポンサーリンク