http://noumisotanken.site/

Twitter でフォロー

墜落JKと廃人教師 1巻/感想・レビュー

2018年3月7日

スポンサーリンク




「死ぬ前に俺と恋愛しない?」

こんにちは!

sora先生のコミックス「墜落JKと廃人教師」1巻の感想を書きます!

ネタバレを含みますので、内容を知りたくない方はご注意ください。

ではコミックス裏表紙のあらすじから書きます!

あらすじ

 

女子高生の扇言(みこと)は、失恋を苦に自殺しようとしていたところを物理教師の灰葉仁(はいば じん)通称・灰仁(はいじん)に邪魔される。

「死ぬ前に俺と恋愛しない?」と先生に告白され!?

キケンなつり橋効果LOVE!

 

 

「開始1ページ目で主人公が死ぬ漫画ってよくあるじゃん?」

 

あるっけ?(^-^;

そんなモノローグ通り、学校の屋上から今にも飛び降り自殺しそうな女子高生・扇言。と、そんな扇言に「禁煙しよっかなぁ」と、ふっつーに話しかける教師・灰葉の場面から始まります!

ドキドキ。

何でも、灰葉は生徒に灰仁(廃人)と呼ばれて授業もロクに聞いてもらえない舐められっぷり。

そして扇言の自殺の原因は失恋とのこと。

なんやかんやと灰仁先生独特の説得が続きますが、このやり取りがゆるーい感じで自虐的で面白いです。(でも!でも!扇言はずっと屋上の柵の外・・・(°_°)!!)

灰仁先生は、誰も真面目に受けない授業で、きちんとしている扇言のことが気になっていたようで

「まぁそういうわけで

死ぬ前に俺と恋愛しない?

落合扇言」

と迫ると、ビックリして落ちそうになる扇言・・・!

それを力強く引き上げ助ける灰仁先生。つり橋効果か!?まんまと顔を赤らめる扇言。

ひとまず自殺は保留となります!

 

「誰かさんと結婚する時のために貯めてんの」

 

さっきまでのお話が第1話です。

第2話は駅のホームでうつろな扇言

第3話はキッチンで血を流す扇言

第4話は橋から川へ飛び降りる扇言

第5話は教室で男子に首を絞められそうな扇言

で始まりましてね。チキンな私は毎回ビビりましたよ(T-T)

扇言ちゃん!!せっかく1話で思い留まったのにとうとう!?って。

作風のゆるさからいけば、まぁそんなことはないだろうと想像できますが、絵柄の儚さもあるんでしょうかね。まんまと毎回一瞬騙される私でしたw

実際はどのお話も扇言が自殺しようとする下りではないんですが、毎回灰仁先生が扇言を心配してあれやこれやと下心丸出しで扇言の世話をするところがとてもいいですー(//∇//)

6話以降の始まりは扇言の自殺をチラつかせる感じではなくなっていて、灰仁先生の不眠症の話からちょっとずつ先生の暗めな過去が垣間見えてきます。

最後に収録されている番外編?描きおろしでしょうか?「墜落JKと廃人教師 特別授業」では"命と金と夢"についてとか言ってね、また2人の掛け合いが面白いんですけれども、扇言の「先生は公務員なのにいつも金欠なのはなぜですか?」の問いに

「大人は夢を見ない分 計画的なんだよ

誰かさんと結婚する時のために 貯めてんの」

なんつってねーーーー!!!(//∇//)

けっこうイイです!!♡

 

 

さいごに

 

テーマがちょっとシリアスですよね。

重たいを読むと本当に心が重たくなってしまうので、普段なるべく読まないようにしている私です。(影響されやすすぎw)

このコミックスも「死ぬ」とか「自殺」とかちょっと好きではない言葉満載なのでためらった部分がありましたが、灰仁先生と扇言の掛け合いは面白く、灰仁先生の言葉にもちょいちょいキュンポイントがあって(私の主観ですw)好きな感じです。(でも重たい部分をどう消化して良いのかイマイチ分からない私もいます。。。)

しかも、何度も書いてますが私の苦手な教師と生徒モノ(と言いつつ最近教師と生徒モノばっかり読んでて完全に説得力ゼロ!ですね!笑)な上に、帯には「クズ教師」の文字が・・・!

どんだけJKに手を出しまくるえろ展開が!!と思ったんですがね。

先生、ぐいぐいアプローチしてるし(ネックレスあげたりも・・!)、スキンシップはちょいちょいあるものの、先生からのそれ以上はナシ・・!意外でしたが、先生には一線を守って欲しいと思ってしまう私にとってはポイント高し!(扇言から寝てる先生にサプリの口移し♡な場面はありました♡)

スキンシップやプレゼントはいいのか?とかは置いといてw

でも甘々な2人。。。一線を守る先生もそんなに長くは見られないかなーと思いつつ、2巻が楽しみです(o^^o)

※2018.3.7追記!ツイッターのお友達に教えてもらったんですが、こちら、君がキライな恋の話の作者さんと同じらしいですー!へぇー!!言われてみれば!!なんだか、これから期待の作家さんな感じですねー(o^^o)

関連記事&スポンサーリンク