http://noumisotanken.site/

Twitter でフォロー

恋を知らない僕たちは 2巻/感想・レビュー

スポンサーリンク




「少しでも 泉が悲しまないように」

こんにちは!

水野美波先生のコミックス「恋を知らない僕たちは」2巻の感想を書きます!

ネタバレの可能性がありますので、内容を知りたくない方はご注意ください。

ではコミックス裏表紙のあらすじからです!

あらすじ

 

遠恋中の直彦は、泉と月イチのデートが流れてしまって落ち込む。

太一は、片想い中の瑞穂につれなくされながらもアプローチ中。

「もう誰も好きにならない」という英二はふたりを見てると気持ちが揺れ・・・それは何故かというと・・・?

 

※帯に記載の人物紹介を書きます。

・直彦(なおひこ)/英二、泉とは中学で一緒に。現在、泉と遠恋中。

・英二(えいじ)/ある事が理由で、もう誰も好きにならないと決意。

・泉(いずみ)/英二とは幼馴染。転勤族で転校が多い。

・太一(たいち)/瑞穂が好きで同じ図書委員だが、なかなか話せない。

・瑞穂(みずほ)/英二と同じ図書委員で、ふたりとも本が好き。

・小春(こはる)/元彼に振られたところを直彦になぐさめられ・・・。

 

 

「だからこそ 好きになったのに」

 

前半は太一!太一と英二が中心でお話が動いている印象でした。

英二は太一に頼まれて、夏休みに太一が出るライブに瑞穂を誘うが断られてしまう。

よくよく話を聞くと、ほとんど会話をしたことがない2人。断られても仕方がない状況に一度は諦める。

「瑞穂とほとんど会話をしたことがないから、ライブに来てもらって、「どうだった?」と感想を聞くことをきっかけに話がしたかった」という太一の話を聞いて、ますます応援したくなった英二だが、太一が瑞穂のことを好きだという会話を、偶然瑞穂に聞かれてしまう。

ライブ当日、本番前にモヤモヤとする太一。

学校が同じ、委員会も同じ、いつか自然に仲良くなれるだろうと思っていたけどなれなかった。

何も頑張っていないのに受け入れてもらえるわけがない、そんなの瑞穂が1番嫌いなタイプ。

「だからこそ好きになったのに」

と、太一奮起!!瑞穂をライブに呼び出します!!

が、もう出番の直前。なんとか瑞穂が来てくれたものの、ライブは終わってしまっていました。

けれども、このことをきっかけに少し近づいた2人。英二も直彦も喜びます。

でもでも。。。なんだかこの太一→瑞穂に英二が協力したことがきっかけで、瑞穂が英二を気にし出している・・・!?

 

「少しでも 泉が悲しまないように」

 

夏祭りで、偶然会った小春が直彦のことを好きだと察した英二は、これ以上、彼女がいる直彦の邪魔をしないように警告。

が、逆に小春の気持ちに火を点けてしまったようで、気持ちを伝えに行こうとする小春を咄嗟に引き止めて「オレと付き合おう」という。

何かを感じた小春はそれをOKし、付き合うことになった2人。

小春は英二と少し一緒にいたことで、英二が直彦の彼女を好きなのではないかと気づく。

「オレにできることはこの位しか思いつかなかった

直彦のためじゃない

少しでも泉が悲しまないように・・・」

ここら辺で、英二→泉が確信になりましたね( ; ; )

そして2巻ラスト、泉が英二や直彦のいる街に帰ってきた!?

さいごに

 

うっわー。。なんだこれ。ぐっちゃぐちゃだ(°_°)

オバチャン頭おかしくなりそーよ!?w

えーとえーと、やっぱり!やっぱりですね、英二は泉のことが小さい頃から好きだったっぽいですね。

そんで中学時代に直彦も泉を好きになって2人が付き合うようになったから自分は諦めてるけどまだ好き。っていうことでいいのかな?

ここの3角関係だけならまだしもだけど、そこに小春と瑞穂と太一まで・・!(>_<)

なになに今のところ

・直彦と泉が付き合っている。

・英二が泉を好きっぽい。

・瑞穂が英二を気にしている。

・太一が瑞穂を好き。

・小春が直彦を好き。

・小春と英二が付き合っている。(偽カップル)

ということでいいんでしょうか???

水野先生もあとがきで「やっと動きだすのかなぁ」と書いてますので、2巻までは色々とたねをばらまいた感じなんでしょうかね!?

主要人物が多くてほぼほぼいっぺんにわっと出てきた印象なので、オバチャン覚えるのが大変ですw

2巻まで読んでやっとちょっと馴染んできました(^-^;

とってもドロドロしそうな予感なのですが、水野先生の爽やかな絵柄にごまかされている気がしますw

いやー。それにしても泉が戻ってくるとは!(ってことでいいんですよね??)

高校生の泉は顔が描かれなかったので、もうそのまま直彦と別れてしまうとばかり思っていましたが。。。!

なんだか3巻が楽しみでもありちょっと怖い気もします・・・!(>_<)

 

関連記事&スポンサーリンク