http://noumisotanken.site/

Twitter でフォロー

イメージファイト/感想・レビュー

スポンサーリンク




「現実(リアル)がクソなときは想像(イメージ)する」

 

こんにちは!

藤緒あい先生のコミックス「イメージファイト」の感想を書きます!

ネタバレも可能性がありますので、内容を知りたくない方はご注意ください。

ではコミックス裏表紙のあらすじからです!

 

あらすじ

 

アニメの美少女キャラ・ピュアミントを愛する気持ち悪いオタク男子として生きている茅野(かやの)。

かわいいと周りからいわれる一方、遠巻きにされている女子として生きている繭(まゆ)。

同じ空間にいながら、目に見えないレイヤーで住む世界がわかれていた2人が近づいたとき、世界は想像(イメージ)を超えはじめる!?

 

 

感想

 

いつものようにちょっと中身のセリフを交えつつ内容を書きながら感想を書きたいと思ったんですが・・・!

藤緒先生の言わんとすることが、アホな私にはまったく文字で表せないー!

そもそも私の受け取り方で合ってるのかどうかも分からないワケなんですが(^-^;

あぁ。。藤緒先生すごい。女子のクラスメイトの感じとかほんと秀逸だと思う。

 

ところで、茅野のビジュアルは、「黒髪天パ・目が隠れるほど長い前髪・そばかすだかニキビだかが鼻周りにある・背だけは高い」という感じなんですが

少女漫画脳の私は、「アレか!?ちょっといじったらカッコよくなるパターン!背は高いしね!」と序盤からずっと思っていたんですが

あぁ。。。私の単純な脳ミソw

最後の最後まで茅野は茅野でありつづけました!

 

そんで、美少女・繭との絡み、ということは、当然ラブに発展♡と序盤からずっと思っていたんですが

あぁ。。。私の単純な脳ミソw

こちらも見事に裏切られましたよw

「キモオタでクラスメイトに疎まれ、はたから見てるとかわいそうに見える茅野が、美少女・繭に好かれることによって救われるお話」

と思いながらずっと読んでましたよ。

全然違いましたよ!!w

そもそも藤緒先生がそんな話書くワケないと頭のどこかで分かっていたハズなのに・・!想像力が乏しい私は上記のあらすじが終盤まで頭の中から消えませんでしたw

 

結局どういう話か

 

アクマで私の個人的な理解ですが。

中学時代にイジメられ、部屋に引きこもっていたときに偶然見たい古いアニメ・ピュアミントに救われ、嫌なことがあったときはピュアミントをイメージすることでやり過ごしてきた茅野。

ちょっとピュアミントに似ている美少女・繭がピュアミントをきっかけに茅野に近づいてきて、グイグイ来る繭のペースに引き込まれる。

繭のことを好きなイケメン先輩(繭にフラれてる)の登場でトラブルに巻き込まれ、また引きこもる茅野。

最後には、ピュアミントに扮する繭のお陰で元通りの学校生活に戻る。

結局、繭によって日常がかき回され、繭によってまた日常に戻るという。

しかも繭との交流もまるで無かったように元通り。

まさに美少女戦士もののアニメなんかは、だいたいの場合、そこに、日常に紛れる美少女戦士がいなければ現れなかったはずの悪(このお話の中では「悪」と言い切れるものではないと思うけど)が現れ、その美少女戦士が悪を倒し、何事もなかったように日常が戻るわけです。

もうほんとそんな感じ、と思いました。

繭はピュアミントに扮してキモオタを助けたことで、不思議ちゃん扱いされるようになり、騒がれることがなくなって、繭にとっては良かったのかもしれない。

茅野もピュアミントがリアルに現れた(繭)ことで満足感を得ているので、茅野にとっても良かったのかなw

 

なんか、茅野と繭がどうこう、というより、この2人を取り巻く友人たちの描写も面白いなーと思って読みました!

私は藤緒先生のファンなので、少女漫画的かどうかに関わらず買って、十分に楽しませていただきましたが(実際「少女漫画」という括りではないと思いますが)

少女漫画的な展開を期待するなら、ハズレ!と思います!

少女漫画的展開なら、やっぱり、

茅野は実はイケメンの要素を持っていた!

そんで繭との交流によって明るく、イケメンになっていく!

的なね!私の脳ミソじゃそんなんしか思いつきませんーw

藤緒先生には脱帽ですー!!

スポンサーリンク