http://noumisotanken.site/

Twitter でフォロー

【失敗したくない!注文住宅】②子供部屋

スポンサーリンク




今回は子ども部屋について書かせて下さい。

子どもの人数、年齢、男女構成によって
考えることは異なると思いますが
少しでも参考にしていただけたら嬉しいです(^^)
 


子供部屋は、自分が一人っ子で8畳の部屋を使っていたこともあり、

自分の子どもにも6畳以上あげたいな。と漠然と思っていました。

当時は、リビング学習や部屋に閉じ込もらないように
という理由で4.5畳くらいが流行っていました。

今もですかね。

子ども2人なら、小さいうちは繋げて9畳広々使い、

大きくなったら仕切りをつけて4.5畳ずつにするとか
よく見かけました。

正直、6畳を想定していた私たち夫婦にとっては
展示場などの4.5畳の部屋の印象は「狭い」でした。

でも色々な間取りの子ども部屋を見ていくうちに

気付いたことがありました。

収納家具で狭くなる。

例え6畳の部屋でも、そこに収納家具を置くと狭くなるんですよね。

当たり前ですけど。

ベッドはしょうがないとして、
タンスやら本棚やら置くとあっという間に狭くなりますね。
でも絶対必要ですよね。
それなら、部屋が4.5畳でも大容量のクローゼットをつけるのがいいのかもと思いました。

これも、一条工務店の機能的なクローゼットが標準仕様だったから
という部分が大きいんですけど。

我が家の子どもは男女1人ずつですので

最初から部屋も分けてしまうことにしました。
(また家を改造する手間を省き、完成後には業者さんが入る機会を減らしたいからです。)

4.5畳ずつ。同じクローゼットをつけました。
できればベッドを140センチくらいの少し高いものにして下も使えるようにしたら、

だいぶ広く感じることができそうですよね(^^)

ちなみに学習机は置く予定はありません。

私たち夫婦は2人とも学習机で勉強をした記憶がないからです(^^;)

なのでランドセルラックを買ってリビングに置きました。

そして何故6畳を諦めたかというと、大きめの吹き抜けが
欲しかったからなんですけどね。。。

子どもが大きくなった時この話をしたら怒られそうです(ノ_<)

でも吹き抜けはやっぱり開放感があって気持ちがいいですよ。
2階部分の窓からの光でとても明るいですし。

吹き抜けはなんとか6畳分確保できました(^^)

子どもはすぐに大きくなる。そして出て行く。

あまり考えたくありませんが、早ければ大学生とか
もっと早い場合もありますかね。
我が家の場合、息子8歳ですのであと10年〜15年といったところでしょうか。
出産してから今までもあっという間でしたので
きっと10年後もあっという間。
淋しいけど、社会人になって自立して結婚もしてほしいと
思うワケで。。

つまり少なくとも20年後には子ども部屋は空き部屋になる!
というかなってくれないと困る。
どうか自立してください、、!w

そしたら私たち夫婦は寝室を分けられる!
(一緒に寝るのが嫌なワケじゃないですよ。まだ。でも将来的には気兼ねなく1人で寝たいと思ってしまう。。)
とか、客間に使える。とかぼんやり考えています。
 
 
それともう一つ。
よく、幼い子どもの為に、家の中にブランコを付けてみたり
壁を登れるようにしてみたり。。という設計もありますよね。
私もそれに憧れた1人です。
子どもが喜ぶ顔が見たい!そう思いました。

でもせいぜい幼稚園までかな、と。
デカくなるんですよ。当たり前ですけど。 
デカイのが家の中で暴れていると、もう、、何というか。。
邪魔です。ほんとうるさいです。
子ども自身もゲームの方が楽しくなったり
公園に一人で行けるようになります。

使われなくなる時が来るんです。。
しかもわりと早く。

幼稚園まで、と考えると5、6年のことです。
ほんとにほんの少しの間だな。。と考え直し、
早々に我が家の案からは消えてしまいました(^^;)

でも実際そういうお家に遊びに行くと
子どもは羨ましがりますし、
あっちの家の方がいい!なんて言われてしまいますけどね。。我が家の家造り参考書。かなりオススメです!
↓↓↓
 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
 

スポンサーリンク