http://noumisotanken.site/

Twitter でフォロー

【注文住宅】注文住宅を考えている人へ。私が考えた6つポイント。

スポンサーリンク




ハウスメーカーや工務店は無数にあり
本当に会社によって仕様も様々。

最初はどこも似たり寄ったりではないかと思っていましたが
素晴らしい企業努力。
どのハウスメーカーもしっかり特徴を出してきてますよね。


しかも営業さんはどこも優秀だったように思います。
(もちろん例外もありました(^^;))
高い金額のものを売ってきているだけあって
自信があるのか
グイグイ来ますしトークも上手です。

流されます。そのハウスメーカーの良いところを
ガンガン売り込んできます。
↓↓↓
もうこのハウスメーカーでいいかなー。大手だし。

ってなります。

私も、私だけならそうなっていたと思います。
しっかりした夫のおかげで流されませんでしたが。

家を建てようと思ったとき、まず住宅展示場に行って
どこかハウスメーカーに入って話を聞いてみる。
うちもそうでしたし、それで良いと思います。

でもグイグイ来ますから、流されない強い意志を持ってくださいね。

その「強い意志」を支えてくれるものの一つが
「自分理想の家」じゃないかと思います。

こういう家がいい

という考えをしっかり持ってないと
流されますし、考えがないのなら
どんな家でもそれなりに満足できると思うので
それはそれで良いかとも思います。

長々と書きましたが、
うちの場合はどんな家が良かったのか。

①限られた広さでも開放感のあるリビング

うちの場合はズバリ吹き抜けでした。吹き抜けが欲しい!
天井が高く開放感があり、明るいからです。
あと漠然と畳が無いと寂しい。と思っていました。


②今までと同じ生活はしたくない

超がつくほどズボラな私。天気や季節に振り回されたくない。

曇りの日は「雨が降りそう、、」と洗濯物の心配をし
雨が降れば急いで洗濯物を取り込む。
そして天気の良い日は、せっかく干したシーツや布団に虫が、、!
なんてことも。

寒くなればホットカーペットやコタツ、ストーブを出し
自分が過ごす一つの部屋(主にリビングでしょうか)を
一生けんめい暖める。
何なら上着を着たり厚い靴下を履いて過ごす。

春が来れば、頑張って出した暖房器具を頑張って片付ける。
また秋も深まってくると、頑張って片付けた暖房器具を
また頑張って出す。

せっかく新しい家を建てるなら、もうこんなことはしたくないと思いました。

③片付けがしやすい

ズボラなんです私。さっきも書きましたが。片付けが苦手です。
インテリアのセンスもありません。
だからと行って流行りの断捨離もできる気がしません。

ということで収納!とにかく収納が欲しい。
中に入れて扉を閉めてしまえばキレイに見えるようにしたい。


④メンテナンスを考える

家って建てて終わりじゃないみたいです。
外壁とかのメンテナンスに定期的にお金がかかるようです。
サイディングの外壁なんかだと10年で塗り替えとか言いますね。
それも安くはありません。

外壁だけでなく屋根。瓦とかスレートとかありますね。
スレートだと塗り替え必須ですね。

その辺のことを考えると、外壁はタイルがいいかなとか
ヘーベルハウスの外壁とか積水ハウスのベルバーンなんかも
気になってくるところですね。

⑤煩わしさを排除したい快適に過ごしたい。

まとめてしまうと全てこの一言で片付いてしまう気がしますが。

コンセントの位置、数、スイッチの位置、扉を開ける方向、
照明の位置、壁、窓、カーテン
どれも日常生活をストレスなく過ごすにはとても大切な要素だと思います。
洗面所やトイレ、キッチンの機能や広さもですね。
ズボラな私にとっては掃除のしやすさも大変重要です。

⑥見た目(外観、内装)

これは本当、それぞれ好みがあることですね。
ハウスメーカーによって雰囲気が違うし、
見た目のことは比較的分かりやすいですよね。

うちの場合はシンプルでスッキリを求めていましたので
まぁどこのハウスメーカーでもできそうな感じでした。

長くなりましたが、今思いつくのはこのくらい。
また思い出したら書き足します。

これからまた項目ごとに細かく書いていきたいです。
よろしくお願いしますm(_ _)m

我が家の家造り参考書。かなりオススメです!
↓↓↓